精密抵抗器 精密ネットワーク抵抗器のフラット電子

超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は株式会社フラット電子にお任せ下さい。徹底した品質管理と先端技術の結集により世界最高水準の品質を持つ製品の製造・販売を実現。取扱商社多数。製品仕様、環境情報、価格、納期など、お気軽にお問い合わせ下さい。

抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

創立は昭和42年、本社工場では超精密級という抵抗器の製造から販売を担い、電装工場も稼動させているのがコチラの会社の特徴です。優良工場に称され、中小企業モデル工場指定の枠も確立しています。コチラでは、抵抗器・金属皮膜・温度係数などの超精密級機器の研究から、開発・販売、導入実績まで評価されています。例えば、製品案内として優れているポイントは、チップ抵抗器の故障事例にしっかり解決策がある点です。回路に瞬間的に加わる静電気などのサージ電流は、最悪の場合、チップが破壊される問題もあり、電極間の距離を長く、チップへのダメージを減らす工夫が必要です。ですが、大きなサイズのチップはスペースを必要とします。だからこそコチラでは、耐サージチップ抵抗器を開発しています。小型で優れた耐性を保証するために、面実装基板の取り付け面積を小さくスペースの効率性を高めるなどのチップ形金属薄膜ネットワーク抵抗器が開発されています。他にもコチラでは、はんだクラックによるチップ抵抗器の抵抗値不良の問題にも着手し、研究から開発、商品として完成を遂げています。例えば、チップ抵抗器は、実装ボード上にはんだで実装されます。高温環境下や低温環境下で使用されることも少なくありませんが、コチラは超精密級を謳うだけあって、260度からプラマイ5度のはんだに10秒間浸漬しても耐熱性は保たれています。温度サイクルもマイナス55度から125度を100サイクル繰り返しても、その差がストレスとはなりにくいようです。接合しているはんだフィレット部にクラックが生じることも少なく、評価されています。チップサイズを小さくすることは、定格電力のスペックが落ちやすくなりがちです。だからこそ、コチラでは角形金属薄膜チップ抵抗器など、あらゆるニーズ、問題解決できる商品開発に挑戦しています。耐湿性に強く、経年変化が小さい、それが安定性にも関わることを熟知しています。温度係数やら高周波特性、第三高調波も優れていたり、はんだ付けの信頼度を高める電極構造もウリのひとつです。
Tagged on: , 超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は「株式会社フラット電子」