トップページ of アクセント附属養成所シャイン

声優・ナレーター養成所は東京「アクセント附属養成所シャイン」。アクセントの附属養成所シャインとして1999年に1月に設立。現在は約100名の生徒が所属しており、プロの声優・ナレーターが講師として教育指導を行っています。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

夢に向かって、努力をすることは、大切なことです。ナレーターとして、活躍をしたいときは、専門的な知識を身に付けなければなりません。東京のナレーター養成所では、説明会や体験レッスンが行われているので、初心者でも安心しながら、レッスンに参加することができます。予約が完了したら、日程を調節します。そして、正式に予約が完了するので、スケジュールを決めて、色々なスキルを身に付けましょう。東京のナレーション育成所では、仕事をしていて、忙しい人のために、添削をしています。提出するサイクルは決められていて、テキストを使って、勉強をするので、提出に期限日に合わせて、課題をしましょう。添削は、同じ担当者がするので、安心しながら、指導が受けられます。しかし、添削コースを選んでしまうと、オーディションに参加することはできないので、注意をしてください。添削は、ベテランの声優やナレーターが担当しているので、高度なスキルが身に付きます。通学コースは2年制です。基礎科は、初心者でも受講可能なので、自分のペースでレッスンに参加をしましょう。基礎科は、ナレーターや声優を目指すために、基礎的な発声を学びます。また、歌やダンスを取り入れることもあるので、カリキュラムが充実しています。プロとしての心構えも学ぶので、自分自身の成長を感じ取ることができます。レッスンは週3日です。本科では、基礎科で学んだことを更に発展させます。表現者としての感性を習得することもできるので、積極的な姿勢でレッスンを受けてください。所属をするときは、オーディションを受けなければなりません。プロとして活躍できれば、丁寧な対応をしているので、今後の進路について、真剣に考えることができます。交流会は、日程が決められていますが、交流が深まるので、参加をしましょう。また、課題を克服するために、個人面談をすることもあるので、未経験者からプロになる人が多いです。
Tagged on: , 声優・ナレーター養成所は東京「アクセント附属養成所シャイン」 of アクセント附属養成所シャイン